銀行カードローンの問題は解決したの?

  • by

昨今テレビのニュースでもよく取り沙汰されてた銀行カードローンの問題ですが、大手都市銀行を中心に現在ではまだ法的な規制こそ入っていませんが、自主規制ながら序々に解決の方向に向かっています。

銀行カードローンには総量規制が適用されないことから、とても返済できないような金額まで借りてしまう人が増えてしまい、債務整理や自己破産を行うことになってしまった人も少なくないという問題でしたが、現在では銀行カードローンでも総量規制に近い範囲までの融資しか行わなくなってきています。

冒頭にも書きましたが、大手都市銀行のカードローンでは契約時に総量規制が適用される消費者金融のように収入証明書の提出を求め始めました。既にそれを超えている借り入れを行っている人に対しては、もう追加での融資を行わなくなった例もあります。総量規制による年収の1/3までという数字は、その範囲であれば返済に問題がないだろうという意味で決められたものなので、これを超える借り入れを行ってしまうと返済が大変になってしまうのは言ってしまえば当然かも知れません。

ただ、総量規制を超えた借り入れも行えるのが銀行カードローンの魅力の1つだったのは間違いなので、各銀行の自主規制対応の所為で借りようと思っていた金額まで借りることができなくなってしまった人も居るでしょう。しかし、元々そのような無理な借り入れは返済のトラブルを起こす元なので、それこそ借りる方が自粛するべきだと言えるでしょう。

この銀行カードローンの問題は、銀行側にも大きな責任があります。最初から総量規制に準じた融資さえ行っていればよかっただけのことです。銀行側も利益を追求するあまり、無茶な融資を行っていたとも言えるのは間違いありません。

よって、これから銀行カードローンを利用しようと考えている人は、消費者金融とあまり変わらない金額までの借り入れになると思ってください。何よりカードローンは返済まできちんと考えて利用するのが一番大切だということです。