キャッシングの限度額は変化するものです

  • by

キャッシングは限度額制のことがほとんどで、その範囲内で自由に借り入れや返済を行うことができます。月に一度の返済日には借り入れ残高に応じた最低返済額以上の返済が求められますが、それ以外は比較的自由にお金の出し入れができるのが特徴です。

この限度額は最高でも年収の1/3までになります。ですが、限度額=年収の1/3となる訳ではありません。キャッシングの利用が他社も通して初めての場合には30万円が1つの目安になっているように、いきなり高額を借りるのは難しいと考えてください。

キャッシングは原則的に無担保融資なので、その人を信用してお金を貸しています。まだ利用経験の浅いうちはこの信用があまり無いと判断されてしまい、例え年収の1/3が100万円以上だったとしても、そこまで借りるのは難しいです。この利用経験は信用情報によって分かるので、もし過去に他社の返済を遅延した記録があるような場合には、それが原因となって審査自体を通らなかったり、限度額が本来より抑えられてしまうこともあります。キャッシングではそれだけ利用経験による信用が大切になるのです。

キャッシングの利用を始めて、ある程度経験を積んだと判断されると、限度額の増額の連絡が来ることがあります。最初の限度額が30万円だったとしても、これによって今までより高額の限度額での利用ができるようになる可能性があります。この連絡が来ない場合でも増額の希望を出すこともできるので、ある程度利用経験を積んだと思ったら、自分から増額を希望してみてもいいでしょう。ただし、最低でも利用から半年は毎月の返済を遅延せずにきちんと利用していることが条件です。利用からすぐに希望を出してもまず増額することはできません。

逆に限度額が下がってしまうこともあります。このケースは他社の利用によって今までより極端にキャッシングの借り入れ残高が増えてしまった時に多く見られます。全ての利用記録は信用情報に逐次記録されていくので、一度限度額が決まった後でも油断してはいけません。

限度額はこのように、契約後も利用状況によって変化するものです。特に限度額が下げられてしまうと、それを超えていた分は一括で返済することを求められてしまいます。そうならないように、キャッシングは計画的に行うことが大切になります。